avicii “waiting for love” 歌詞の和訳

スウェーデン出身DJ、アヴィーチーの “waiting for love”の和訳をしました。2015年5月にリリースされたこの曲は、アヴィーチー、マルティン・ガリックス(Martin Garrix)によるプロデュース、ヴォーカルと作詞はCherry Ghostというマンチェスターのバンドのリード・ヴォーカルであるSimon Aldredによるものです。

avicii “waiting for love” 和訳

意思があるところに、道はある
そんな美しい言葉もあって
夜の訪れは、やがてくる昼を意味する
魔法みたいなこと
愛があるなら、人生を遮るものなんてない
負けることなんてない

暴君でさえ、傷つき涙を流す
失われた魂、亡骸が語る奇跡
すべての夢見る者
その夢を誰にも止められない
強く信じる何かがあるから

月曜日、ボロボロになった僕は
火曜日、希望を持つことをやめた
水曜日、空っぽの腕を広げる
木曜日、愛を待ち続ける、愛の訪れを
金曜日の始まりに感謝するよ
土曜日、炎のように燃え上がり、派手にやるから
日曜日に、教会に行くことはなさそうだ
愛を待ち続けるのさ、愛の訪れを

誰もが、かけがえのない存在なのに
どうして俺は、こんなにも盲目で皮肉になってしまったのか
でも愛があるなら、人生を遮るものなんてない
負けることなんてないさ

月曜日、ボロボロになった僕は
火曜日、希望を持つことをやめた
水曜日、空っぽの腕を広げる
木曜日、愛を待ち続ける、愛の訪れを
金曜日の始まりに感謝するよ
土曜日、炎のように燃え上がり、派手にやるから
日曜日に、教会に行くことはなさそうだ
愛を待ち続けるのさ、愛の訪れを

 

翻訳後記

生きることに対する力強いメッセージが伝わってきますが、作詞はアヴィーチーではなくSimon Aldredによるもの。個人的には火曜日の「希望を持つことをやめた」というフレーズがある意味、ツボです。